子どもたちのいびきの原因と特徴

子供のいびきも枕を変えれば治るの?

 

幼児〜子供のいびきと枕

ねこガイド

幼児や子供も大人顔負けのいびきをかくことがあります。

 

大人と同じように枕の高さなどを調節すればいびきは治ると思われがちですが、幼児や子供のいびきの原因は枕が関係していないことがほとんどです。その理由は、幼児や子供のいびきと大人のいびきの原理が異なるためだからです。

 

 

子供のいびきが体に及ぼす影響

子供

いびきが睡眠の質を落としていることは大人も子供も一緒です。

 

睡眠を十分に取れない場合は成長ホルモンの分泌に影響があるため、子供の発育に問題が出てくると言われています。そのため、激しいいびきをかいている場合には注意が必要です。

 

 

 

子供のいびきの主な原因

鼻炎

子供鼻炎

鼻炎には急性鼻炎、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎など色々種類がありますが、どの鼻炎においても鼻呼吸が困難になった時に口呼吸をするようになります。
口呼吸を行うことで、喉の乾燥、頭痛、集中力の低下、いびき、睡眠障害を招く場合があります。耳鼻咽喉科で診察を受けることができます。

 

 

 

鼻炎の悩みを解決している人気のお茶

『カイテキオリゴ』や『みんなの肌潤糖』などの数々のヒット商品をプロディースしている北の快適工房がお届けするお茶です。
このお茶の名前は『えぞ式すーす茶』と言います。アレルギー反応の元となる「ヒスタミン」の放出を抑える働きやその他鼻詰まりの原因を断ち切る効果が期待できます。
鼻炎のいびきを治すお茶はこちら>>

 

 

 

咽頭扁桃肥大(いんとうへんとうひだい)別名:アデノイド増殖症

咽頭扁桃肥大は3歳くらいから大きくなる場合が多く、6歳〜8歳で一番大きくなり、10歳くらいで小さくなっていく特徴があります。
鼻の奥にある後鼻孔が塞がれるために鼻詰まりを起こします。
そのため、口呼吸をしがちになるため激しいいびきをかく原因になります。

 

症状がひどくなると、鼻や耳、全身に以下の様な二次的な症状が現れてきます。

■鼻
鼻水、鼻血、いびき、睡眠時無呼吸症候群

 

■耳
耳管狭窄、急性中耳炎、耳だれ、難聴

 

■全身
扁平胸、鳩胸、漏斗胸、気管支炎、咳、落ち着きが無い、集中力の欠如

 

 

治療

受診をする科は耳鼻咽喉科です。
二次的な症状が現れた場合に手術を行うことがあります。
全身麻酔後、特殊なメスで咽頭扁桃(アデノイド)を切除する方法が一般的で、1週間ほどの入院が必要とされています。
最近では、高周波による切除もあり、日帰りで手術が可能です。
手術を受けたことで睡眠時無呼吸症候群が軽くなったという報告が多数あります。

 

 

 

口蓋扁桃肥大(こうがいへんとうひだい)

口蓋扁桃肥大とは一般的に扁桃腺と呼ばれている箇所が大きくなる状態を言います。
幼児や青年期には、口蓋扁桃の肥大は正常と判断されるため、病気の原因とは必ずしもなりません。
ものが飲み込めなくなるくらい扁桃が大きくなってしまったら、注意が必要です。
扁桃がかなりの大きさになった場合睡眠時無呼吸症候群、慢性副鼻腔炎、難聴、鼻出血の原因となります。

 

 

治療

風邪などで扁桃腺が大きくなった場合は抗菌薬が処方されますが、呼吸障害など深刻な症状があらわれたら扁桃腺の摘出がおこなわれる場合があります。

 

 

 

 

トップページに戻る >>


ホーム RSS購読 サイトマップ
いびき枕ランキング 枕なしといびき いびき防止枕と横寝 枕の高さといびき いびき防止枕と無呼吸