『危ない!』枕があわないと感じる方の体の不調【まとめ】

『危ない!』枕があわないと感じる方の体の不調【まとめ】

 

枕があわないと感じる方の体の不調

ねこわさび

長期間いびきをかき続けると体も異変が起きてしまうことがあるため、いびき防止には注意を払うようにしたいものです。少しでもいびきを改善し体調のトラブルを起こさないために枕の高さを変えてみたり、枕のかたさを変えてみることで予防や改善することができます。意識的に気をつけるだけでも様々な対応策があることに気づきますよ。

 

体の異変に気づいたら、今使っている枕を疑っても良いかもしれません。

 

枕で予防・緩和する症状

枕の調整をすることで以下のようなトラブルを予防・緩和することが期待できます。

  • いびき、睡眠時無呼吸症候群
  • 適切な高さに合わせ首をまっすぐに枕を調整し気道を確保することで予防や緩和ができます。
    医学的には横寝することが効果的な方法と言われています。

     

  • 不眠、全身の不調、だるさ
  •  

  • 肩こり、首痛、腰痛、四十肩、五十肩
  • 首を含めた背骨全体のトラブルが起因する場合があります。枕の不具合が原因である可能性もあります。

     

  • ヘルニアやむち打ち症、骨の変形による痛み
  •  

  • 手足のしびれ、痛み
  • 合わない枕が原因で首の神経を痛める場合があります。その場合手足のしびれ、痛みを感じる場合があります。

     

  • 頭痛
  • 筋肉の緊張を睡眠で回復できないような場合に合わない枕が原因で頭痛を起こす場合があります。

     

  • めまい
  • 貧血ではないのにめまいを感じる場合は首の神経に起因している可能性があります。枕の調整によって首の神経のトラブルを解消できる場合があります。

 

 

セルフチェック

体調不良が枕(睡眠)に起因しているかは一人ではわかりづらいもの。ですが、スマホを使って睡眠の質は一人でも確認することができます。
スマホのアプリにはいびきを録音するものから、睡眠の質をチェックするアプリまで様々無料で提供されています。こういったアプリを有効活用しご自身の睡眠の質をチェックしてみてください。
おすすめアプリ >>

 

いびきラボ

 

枕以外で睡眠の質を悪化させる要因

枕以外でも体調不良や睡眠の質を下げる要因はあります。これらは枕の高さや硬さなどとは区別して注目するようにしましょう。

■強いストレス
仕事、会社、人間関係、恋愛、家庭環境、環境の変化など

 

■生活習慣
お酒、タバコ、カフェインの過剰摂取

 

■体調
かゆみ、痛みなど

 

 

トップページに戻る >>


ホーム RSS購読 サイトマップ
いびき枕ランキング 枕なしといびき いびき防止枕と横寝 枕の高さといびき いびき防止枕と無呼吸