枕の高さといびきの関係について調査してみました。

枕の高さといびきの関係について調査してみました。

 

枕の高さといびきの関係について調査してみました。

ねこ疑問

いびきを引き起こす大きな要因の一つとして枕の高さが関係しています。いびきをかきやすい枕の高さ、いびきのかきにくい枕の高さはどのように確認したらよいのでしょうか?いびきと枕の高さに関する情報をまとめてみました。

 

いびきと枕の高さに関して実際にいびき防止枕を販売しているメーカーの説明や医療関係者などの意見が大変信憑性がありましたので、彼らの意見をまとめてみました。
いびきは上気道(鼻からのど)が狭くなると発生します。枕の高さによってこの気道を広がったり、狭まったりします。以下、どういったときにこの気道が狭まるのかチェクしてみました。
※気道が狭くなるイメージは水道のホースをくの字に曲げると水がスムーズに流れないような感じ

 

参考資料1

高い枕にすると、いびきが軽減されるの?

天使の寝息仰向け
高すぎる枕は、一般的に舌がのどの奥に落ち込みやすくなり、重力で口の奥の粘膜になっている部分が下がってしまいます。その為、気道が確保できなくなり、いびきがひどくなる傾向にあります。

 

低い枕にすれば、いびきは軽減するの?

天使の寝息横向き
低い枕で体が横向きになると、方と枕の位置関係が変わり、首が「へ」の字に曲がりやすくなります。結果、首と肩と腰に負担がかかり、眠りが浅くなり、いびきもかきやすくなります。
参考元:天使の寝息より

 

 

参考資料2

枕が高すぎる

枕が高すぎた場合、頭部が上がりアゴがひけた状態になります。すると、気道が圧迫されいびきを起こしやすい状態になります。

 

枕が低すぎる

加齢により喉の筋肉が衰えると舌が気道に落ち込みやすくなります。低い枕は舌が気道に落ち込みやすくさせるため、いびきをかきやすくなります。

 

枕が柔らかすぎる

柔らかい素材の枕はとても心地が良いのですが、思った以上に頭が沈みこんでしまい適切な枕の高さを保てなくなると、いびきをかきやすい状態を作り出します。

 

低めの枕・高めの枕それぞれ気道が狭くなる要因ごとにまとめている参考資料

注)個人差によりばらつきがありますのであくまでも目安となります。
高い枕と低い枕の向き不向き
出典:睡眠障害のことがわかるサイト 「高い枕と低い枕、どっちがいいの?」より

 

 

参考資料3

枕の高さと気道の幅について枕外来の医院長 山田朱織先生は書籍にて以下のようにおっしゃっておりました。

 

「枕を適切な高さに調節し、首がまっすぐに伸びた睡眠姿勢を作ることで、体の構造によって塞がれやすい気道を広げることはできます。」
「いざ枕外来を設立してみると、患者様から『枕を変えたらいびきが止んだ』という声が続々寄せられたのです。首がまっすぐになるように枕を正すことが気道を確保するのに、こんなにも有効なのかと思いました。」

 

詳細については以下書籍にて


枕を変えると健康になる 「手づくり枕」で頭痛、肩こり、不眠は治る
あさ出版 山田朱織 著

 

 

自分にあった枕の高さの測り方

 

測り方

枕の高さの測り方
出典:ふとんの川野辺 「枕の高さの目安」 より

 

調節

体重、年齢、身長、腰の曲がり具合などにより枕の高さには個人差があります。その為、万人にピッタリ合う枕の高さというのはありません為、ご自身で調節する必要があります。
例えば枕が低く感じるようであれば、枕の下にバスタオル、タオルケット、玄関マットを追加して高さを調節することができます。逆に枕が高いと感じる場合は少々面倒ですが、身体側に毛布、タオルケット、敷布団などを追加して枕の高さを低めることができます。

 

自分で作る

参考までに、山田朱織先生が考案された自宅で作れる簡単ないびき防止枕の作り方がありますので、どうぞ参考にしてみてください。
自分にあった熟睡できる枕の作り方 >>

 

 

いびき枕ランキングページボタン

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
いびき枕ランキング 枕なしといびき いびき防止枕と横寝 枕の高さといびき いびき防止枕と無呼吸