枕なしでいびきは止められるのか?

枕なしはいびき防止に効果的な方法か?

 

枕なしはいびき防止に効果的な方法か?

ねこ疑問

枕なしでいびきを止めることはできるのでしょうか?

 

人体のメカニズムや、整形外科医の観点から『枕なし』がどのように影響するのかを調べてみました。

 

人体のメカニズム

一般的には枕が高ければアゴが引けて気道が塞がれやすいためいびきをかきやすくなります。逆に枕が低ければ舌が落ち込みやすくなるためいびきをかきやすくなります。枕を使う場合いびきを防止するためには気道を塞がない程度の高さが求められます。

 

一方、枕なしで睡眠を取った場合でも、気道がしっかり確保できていればいびきを防止または緩和させることは可能です。しかし加齢などによって舌の筋肉が弱ってきた場合はいびきをかきやすい条件がそろいます。枕なしは低い枕を使ったときのメカニズムに近くなります為、より舌が落ち込みやすくなる可能性があるのでいびきをかくやすくなるためです。

 

枕なしの状態は低い枕を使用した条件にとても良く似ています。以下、低めの枕を使った場合を枕なしに例えて参考にしてみてください。
注)個人差によりばらつきがありますのであくまでも目安となります。
高い枕と低い枕の向き不向き
出典:睡眠障害のことがわかるサイト 「高い枕と低い枕、どっちがいいの?」より

 

 

セフルチェック

枕なしでいびきをかくかどうかは体質や条件により人それぞれ結果は異なります。枕なしは無料で試すことができるのでセルフチェックしてみるのも良いかもしれません。いびきをチェックするアプリを使えば一人でも確認をすることが可能です。
いびきを確認するアプリ >>

 

 

整形外科医の意見

整形外科医的な考え方としては、枕なしはNGとしています。
正しい睡眠時の姿勢を作るのが枕であり、理想的な枕が健康に貢献すると言った説明が書かれています。

 


枕を変えると健康になる 「手づくり枕」で頭痛、肩こり、不眠は治る
あさ出版 山田朱織 著

 

『世界一受けたい授業』にもでられた枕外来の医院長で知られる山田朱織先生によると、枕がなければ健康な睡眠はとれないとのこと。
枕なしは個人の好みにもよるのですが、専門家からの見解では『枕なしNG』ということで推奨できる根拠は見当たりませんんでした。

 

 

山田朱織枕研究所より

山田朱織枕研究所より

枕外来の医院長の山田朱織先生のコメントでも「枕無しで寝ればいびきをかかない、と全く根拠のない情報が信じられています。」「低い枕も同様にいびきの原因」という記載が確認できます。
出典:山田朱織枕研究所

 

 

いびきを防止する人気枕ランキングはこちら >>


ホーム RSS購読 サイトマップ
いびき枕ランキング 枕なしといびき いびき防止枕と横寝 枕の高さといびき いびき防止枕と無呼吸