いびき防止枕の正しい選び方

いびき防止枕の正しい選び方や人気おすすめランキングや口コミ

※スポンサードリンク




今、人気のいびき防止枕・クビックス

 

いびき防止枕の正しい選び方

私達はまくらの高さが数ミリ変わるだけでいびきをかく可能性が高まるため
自分にあった枕が見つかれば、いびきを止められる確率はぐんと上がるそうです。
あなたにあったいびきを改善する枕探しにどうぞ本サイトをご活用下さい。

ねこガイド

整形外科医山田朱織院長のことはご存知でしょうか?今テレビでも大変人気な枕外来の専門家でいらっしゃる方です。

 

あまりの人気に、山田先生の診察は1年待ちだそうで大変驚きです。

 

本サイトは山田朱織先生の診断や治療法を参考にいびきを防止する枕に関する情報をまとめました。

 

いびき枕ランキングはこちら >>

 

山田先生が出演したテレビ番組

テレビ朝日

「林修の今でしょ!講座」
「ワイド!スクランブル」
「グッド!モーニング」

日本テレビ

「世界一受けたい授業」
「あのニュースで得する人損する人」
「人生が変わる一分間の深イイ話」

テレビ東京

「ワールドビジネスサテライト」
「L4you!」

フジテレビ

「ノンストップ!」

 

 

 

いびきと枕の関係を自己診断

突然ですが、お使いの枕が自分にあっている枕かを判断する簡単な方法があります。

 

寝る直前の枕の位置が、朝起きた時に同じ位置にあったらバッチリご自身にあった枕です。
枕の高さがご自身にぴったりあっている証拠です。

 

ですが、寝ている間に枕がツルって滑ったりスポンと抜けたりして、朝起きた時には枕の位置が色んな所に行っている場合、今お使いの枕があっていない可能性が高いです。
悪い枕の例

 

 

 

日本のいびき人口

 

日本でいびきをかく人(日本のいびき人口)は推定2,000万人
成人男性の約20%、成人女性の約5〜10%の方が慢性的にいびきをかいていると言われます。
特に中高年になると、舌やのどの筋肉の衰えからいびきをかきやすくなります。
日本列島
毎晩のようにいびきをかいていると体も脳も酸素不足となり
以下の様な症状を引き起こす可能性があり日常生活に障害がでてしまいます。

  • 集中力の低下
  • イライラ感
  • うつ病
  • 風邪をひきやすくなる
  • 高血圧
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中

 

 

 

いびきの原因

いびきは寝ている時の気道が狭くなっていることで原因で発生します。
起きている時の気道は十分な広さを保っていますから、通常いびきはかきません。
ですが、睡眠時になると重力や筋肉の緩みにより気道が圧迫され狭くなることがあります。

 

原理としては狭くなった気道に無理やり空気を通すと周囲の器官がふるえて音が出ます。
これがいびきのメカニズムです。

 

試しに、唇をゆるく閉じて大きく息をはいてみてください。
「ブルブルブル」って音がしませんか?
いびきの音が出る原理的は、この唇のふるえと同じような感じです。

 

 

 

気道が圧迫される原因

気道が圧迫されるといびきをかきやすくなりますが、その気道を圧迫する理由は様々です。
以下、気道を圧迫する原因をまとめてみました。

 

枕が高い

枕が高いとアゴが引けてしまいます。
するとノドのあたりが圧迫されるため、いびきをかきやすくなります。

 

 

手をバンザイして寝る

手をバンザイした姿勢になるとアゴが気道を圧迫するため、いびきをかきやすくなります。

 

 

お酒を飲む

お酒を飲むと緊張がとけ、筋肉が緩むので舌が落ち込みやすくなります。
すると、気道を圧迫しやすくなるのでいびきをかきやすくなります。

 

 

口呼吸

口呼吸をクセとしている人は風邪をひきやすくなるだけでなく、いびきをかきやすいです。
鼻炎や蓄膿のなどで鼻が詰まっている時にいびきをかきやすいのは口呼吸が原因による場合が多いためです。

 

 

疲労

肉体的疲労や精神的ストレスを受けた場合睡眠時に多くの酸素を取り入れようとするため口呼吸を行いやすくなります。口から大量の酸素を取り入れようとすると、いびきをかきやすくなります。

 

お酒・疲労・鼻炎によるいびきは一時的な場合が多いため心配はありませんが
毎日いびきをかくようであれば普段の生活に支障が出てきます。

 

鼻炎からくるいびきの解決法はこちら>>

 

 

間違った寝方や枕を使っていませんか?

 

うつぶせ寝

うつ伏せで寝ると首をひねる形になりとても悪い格好になるため、首に大きな負担がかかります。
そのため、整形外科医はうつぶせ寝をすることに反対しています。

 

 

高すぎる枕

高すぎる枕はアゴが引け手首を圧迫しますから、いびきをかく大きな原因となります。

 

 

凹凸のある枕

凹凸がある枕は仰向けで寝ている分には気道が確保されますからいびき解消には理想的ですが
横向きで寝た場合アゴがぶつかり寝返りの妨げになる場合があり、首に負担がかかります。

 

 

枕を小高くして調節する

枕を2つ重ねて使って高さなどを調節しながら寝てしまうと、必ずずれてしまう恐れがあります。
また、枕のそばがらを片方に寄せたり、折り曲げて小高くしている場合も同じじく安定しづらくなります。
枕が安定しないと、首が疲れてしまうので熟睡が期待できません
そのため、一番ピッタリの高さに固定された枕を使うことが大切です。

 

 

幅が狭い枕

幅が狭い枕は寝返りをうつと頭が落ちてしまうので、50センチの余裕を持った幅が必要です。

 

 

薄い枕は首にしわができにくい?

薄い枕はまっすぐ仰向けに寝ている場合はシワが伸びるように感じるかもしれないが、横向きに寝ると枕が低いため首にしわができるのでNG
上向きと横向きをしっかり考えると、高さが低い枕よりも、適切な高さの枕が理想的です。

 

 

 

 

いびきを治すためには、枕を変える必要が重用

 

いびきをかかないためにはまっ平らな枕が理想的。「四角い」「平ら」であるこが重用です。
例えば以下のような長方形の固めの枕が理想的です。
固い枕

 

体にぴったりあった高さとその高さが一晩中変わらない固さであることが重用

 

軟らかすぎると夜中のうちにどんどん頭がさがりますし
寝返りを打つたびに首がグラグラ不安定になります。
そのため、適度固い枕が理想的です。

 

安定した固さとご自身にあった高さの枕が見つかれば、いびきを治せる確率がぐんと上がります。

 

 

自分にあった熟睡できる枕の作り方

自分にあった熟睡できる枕をご自宅で簡単に作ることが出来ます。
16号整形外科・枕外来に勤務されている山田朱織医院長が考案された、ご自宅で作れる簡単ないびき防止枕の作り方をご紹介いたします。

 

 

出典:以下、山田朱織枕研究所公式サイトより

 

玄関マットとタオルケットを用意

中がけっこう固いキッチンマットまたは、玄関マット(縦60cm x 横1m程度)
なるべく固いタオルケットまたは、大判のバスタオルを用意
ポイント1

 

 

きれいに折りたたむ

丁寧に重ねます。
ポイントは必ず首に当てる側が直角になることと、どこも全て平であることが大切です。
固定したタオルケットを枕にしてみてアゴが引いて喉がつまらないように一枚一枚増減させて高さを調節します。
呼吸が楽になるまでミリ単位で枕の高さを調節していきます。
ポイント2

 

 

顔と布団が真っ直ぐ並行に

手をクロスしてスムーズに横に動けるのが一番
横向きで寝た時に、おでこ、鼻、アゴの3点が布団の面と平行になるようにします。
並行になっていると右の神経も左の神経も圧迫されていない安定した状態になるので首に負担がかからず熟睡できます。
ポイント3

 

 

首の傾きは15度

仰向けに寝た場合、首の傾きが約15度になることが理想
重用なポイントは枕の高さが調度良く、喉を圧迫せず呼吸が楽かどうかです。
ポイント4

 

 

 

 

いびきを高確率で改善してくれる人気の枕 クビックス

クビックスの特徴は気道の確保をサポートしてくれる設計だから、いびきをおさえ、眠りの質がぐーんとアップ。
90日間のお試し期間で満足できなければ返金可能なので、効果を感じなくても安心。
今、おすすめの枕です。

 

クビックスの喜び率

 

人気のいびき専用枕クビックスの詳細を見る >>

 



 

 

 

 

市販のいびきを防止する枕・おすすめランキング

市販されているいびきを防止する枕はたくさん販売されていますが、その中でも売上がよくて購入者の満足度も高く、効果を感じられている商品は限られていました。
そこで、市販されているいびきを防止する枕・無呼吸症候群回避枕の中でも、人気の高いおすすめの枕をランキング形式にてまとめました。

 

いびきを防止する人気の市販枕ランキングをみる>>

 

 

 

 

枕でもいびきが解消されない場合は?

病院
もし、枕でいびきが解消されない場合は耳鼻咽喉科・いびき外来の診察をおすすめします。

 

いびき外来・耳鼻咽頭科を近所から探す>>

 


ホーム RSS購読 サイトマップ